株式会社おびなた
TOP > 夏そばと秋そばの違いについて

夏そばと秋そばの違いについて

そばの中には、季節の名を冠した「夏そば」と「秋そば」というものがあります。

あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、そばがお好きであれば絶対に知っておきたい情報といっても過言ではありません。ここでは、この両者の違いについてご紹介いたします。

名前の由来について

夏そばと秋そばは、それぞれの収穫時期からこのように呼ばれるようになりました。しかし、作物としての特徴に目をつけてみると、早熟の夏そばと晩生の秋そば、播種の時期に関わらず結実に大きな差が見られない中性種に分類することができます。

それぞれの収穫時期について

全国広しということで、地域によって収穫時期が異なるものですが、戸隠の夏そばの収穫時期は7月ごろとなっており、秋そばの収穫時期は10月ごろとなっています。特に、秋に取れたそばは「新そば」とも呼ばれており、旬の味わいを楽しむことができます。

それぞれの特徴とは

夏そばと聞くと、「新そば」が出来るまでの一時凌ぎというイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、 夏そばは太陽と大自然の恵みをふんだんに受け、秋そばとは違った味わいを楽しむことができます。 香り高く深い味わいが特徴的で、江戸時代に生きたグルメな江戸っ子たちも、 首を長くして新そばの収穫を待ち望んでいたといわれています。

戸隠そばをお求めなら

信州そばの中でも大人気の戸隠そばをお求めであれば、お気軽にお申し付けください。

おびなたでは、通販でこだわりの戸隠そばをお届けしているほか、おびなた本社では手打ちそば体験などのサービスを行っております。サイト内にはランキングも設置しておりますので、人気のそばを自宅で楽しみたい、ギフトとして高級そばを贈りたいという方は、ランキングを活用してみてください。

topへ

夏の新蕎麦はこちら