株式会社おびなた
TOP > 戸隠そばについて

戸隠そばについて

戸隠そばの始まり

信州そばの中でも古くから多くの人に親しまれてきたのが戸隠そばです。 戸隠そばの始まりは、戸隠霊峰で修行をしていた修行僧たちが常時持ち歩き、そば粉を水で溶き食べていたことから広まったとされています。
当時はお湯でそば粉をこねる塊状の「そばかき」や団子状にして焚き火で焼いた「そば餅」が主流でした。

一般的な麺状のそばは「そばきり」と言い、江戸時代頃に始まったとされています。戸隠そばは、麺を5~6束にして、ざるに並べた独特なぼっち盛りと呼ばれる盛り方をします。
なぜかと言うと、祭礼などの晴れの席でもてなし料理として出されることが多かったため、味だけでなく見た目にもこだわってぼっち盛りをしていたようです。

そば献納祭

戸隠神社では、毎年11月頃に特別食である戸隠そばを大神様に献上するそば献納祭が行なわれています。 新そばを献上することで、自然の恵みに感謝し、これからのそばの栽培や収穫などをお祈りします。
そば打ち名人による献納そばの手打ち式やもちっとした食感のおいしい新そばの振る舞い、そばかきの体験など戸隠そばに触れる様々な行事を行なっています。

戸隠神社にまつわる話

先ほど紹介した戸隠神社は奥社・九頭龍社・中社・宝光社・火の御子社の五社からなる神社で、神話にある「※天の岩戸開きの神事」にまつわる神々を祀っています。
その中でも奥社と中社はパワースポットとも言われており、巨大な杉の木に囲まれた参道や幻想的な景色が素晴らしいので、戸隠にお越しの際はぜひ一度足を運んでみてください。

※天の岩戸開きの神事・・・太陽の神であるアマテラスオオカミ様が弟の悪行に怒って岩戸に隠れてしまったため、世界中に光がなくなってしまいました。そこで大勢の神々が集い、岩戸の前で舞いを踊り騒ぐことで、外での楽しそうな笑い声が気になったアマテラスオオカミ様が岩戸から出て、世界中に光が戻ったというお話です。

おびなたでは、通販ランキングでも人気の高い戸隠そばをこだわりの製法でお作りしてご提供しています。
戸隠そばの歴史などを知った上で召し上がると、よりいっそう味わい深くなり、おいしく召し上がっていただけると思います。